働きやすい環境

エステティシャンの激しい求人合戦

writing

どの業界でも同じ事かもしれないがとくに厳しい専門職の業界。美容師もそうであるが、一時的なテレビやマスコミで騒がれてピークから減少傾向にある卒業生の数。エステティシャンもその職種の一種で現在は店舗が増加傾向になる中、卒業生の数が年々減少傾向にあり激しい争奪戦が繰り広げテラれている。ちなみに、その影響で年々初任給の額も増額傾向にあり学校卒業生からしてみると嬉しいお話である。ただ、良い人材となると激しい争奪戦となっており、エステサロンもいろいろとエステティシャン獲得に激しい求人合戦をしているようだ。求人としては、大手より中堅が人気である傾向があり、また近所だから、福利厚生がすばらしいからといった理由で就職先を探す卒業生も多い。

今はお給料より働きやすさを重視

エステティシャンの求人で昔と比べ大きく違う点がある。それは、働きやすさである。ひとくくりにするとよく怒られてしまうのだがゆとり世代が就職活動する時代となったからは、求人先に求める条件の多くは働きやすさを求めた福利厚生や祝日の数である。昔は、給与やインセンティブ、自分がどれだけ成長できるかといった自己欲求の実現や経済的な理由が強い専門職のエステティシャンであったが今は、お客様と楽しめるお店か、祝日はしっかりもらえるのか、残業はないかといった要求が強い。この点は、お店として当たり前にあることなので店舗としても当たり前といいたいことだが最近はそうはいかない。ただ嘘をついたりあまりにも職場条件が違うと高い離職率につながる。どれだけ働きやすい環境であるかそれを意識した求人活動をおこなうようにしよう。